カカクコム、アドレス流出「補償考えず」


カカクコム、アドレス流出「補償考えず」

   

      ~日経新聞 2005/05/26  面から



不正アクセスを受けて、5月14日から自社サイトの運営を停止していた
カカクコムは24日夜にサイトを再開するとともに25日、事件に関する
説明会を開いた。ウイルスに感染した利用者やメールアドレスが流出
した延べ22,511人の利用者への金銭的な補償は考えず、ウイルス駆除や
迷惑メール対策に関する情報提供で支援するとしている。
セキュリティー情報は経済産業省の外郭団体である情報処理推進機構
(IPA)を通じて公開する。個別企業には秘密保持契約を結んだうえで
提供していくという


●● WEBでのサービス提供に特化している企業にとって、サイトへの
   不正アクセスおよびサーバーからの情報漏洩は、極めて大きな
   問題です。


   カカクコムが、サイトへの不正アクセスを発表した5/16以降、
   同社の株価は下落を続けています。
   
http://tinyurl.com/8y3by


   直前の5/11には、「価格コムワイヤレスBB」という、公衆無線
   LAN(構内情報通信網)サービスを始めるとの報道もあり、
   株価は、1年近く堅調な動きを続けていただけに、不正アクセス
   による株価の下落は、同社にとって大きなものだといえます。

   5/15には、96万円程度であった株価は、現在85万円程度となって
   います。
   1週間程度で10%、金額にして40億円もの時価総額が吹き飛んだ
   計算になります。


   不正アクセス発覚後、カカクコムは、1週間という長期にわたって
   サービスを停止しました。
   1週間もの間サービスを停止することは、著名サイトにしては異例
   ともいえる決定です。

   サービス再開に際して、カカクコムは約60台のサーバーを一新した
   と発表しています。

   サイト閉鎖中の同社の損失は、3,500万円以上と推計されています。
   年間売上の1/50という数字ですから、それほど大きな数字とはいえ
   ません。
   同社にとっては、信頼の低下と株価の下落の方が大きな打撃と
   いえるかもしれません。


   今回の事件で、名を上げたソフトウェアがあります。

   それが、キヤノンシステムソリューションズの、NOD32
アンチ
   ウイルスというウイルス対策ソフトです。
    http://www.iw-jp.com/am.php?id=B0006G896A

   これまでも、その実力は評価されていましたが、著名ソフトの
   陰に隠れて、販売はいまいちでした。

   しかし、今回、カカクコムサイトに不正に設置されたウイルスを、
   著名ソフトをさしおいて、このNOD32だけが駆除したのです。

   カカクコムに設置されたウイルスは、新種のものでしたが、
   このNOD32は、独自の機能で新種のウイルスにも対応できたのです。


   この事実が広まると、NOD32は、急速に売上を伸ばし、amazonの
   ソフトウェア部門で売上1位に躍り出るまでになっています。


   善悪を問えば、不正アクセスするハッカーが悪といえますが、
   WEBサービスを提供している企業にとって、その対策は生命線
   ともいえそうです。


《関連Webサイト》 価格.com
http://www.kakaku.com/