「一太郎」の製造・販売禁止 ジャストシステム


「一太郎」の製造・販売禁止
ジャストシステム

   東京地裁、「松下の特許を侵害」

      ~日経新聞 2005/02/02 1 面から



松下電器産業が特許権侵害を理由に、ジャストシステム(徳島市)のワープロ
ソフト「一太郎」などの製造差し止めなどを求めた訴訟で、東京地裁(高部
真規子裁判長)は一日、特許侵害を認め、ソフトの製造・販売差し止めと
在庫の廃棄を命じた。ジャスト側は控訴する方針。判決は仮執行を認めて
おらず、判決確定まで効力は生じない。同社は今後も製造・販売を継続
する。判決が確定しても利用者は使用し続けられる。


●● 一太郎を販売するジャストシステム社にとっては、驚愕の判決だと
   いえるのではないでしょうか。


   同社売上の50%を占める看板商品の製造・販売を禁止するという
   趣旨の判決です。

   この判決が執行されれば、ある日突然、売上が50%減少する可能性
   があるということになります。
   営業を存続していくことは不可能だと考えるのが妥当です。


   判決の確定まで、執行は認められていないため、同社は今後も製造・
   販売を続けられますが、大きなリスクを抱えたまま、今後、経営を
   進めていくことになります。


   この判決の報道を受けて、ジャストシステム社の株には売りが殺到
   しています。
   前場が終わった時点で、全く値がついていません。

   
http://qrl.jp/?172563

   本日は売りが殺到し、売り気配のまま取引を終える可能性さえあり
   そうです。


   ヤフーファイナンスの、銘柄掲示板への書き込みランキングにも、
   同社が5位で顔を出しています。

http://messages.yahoo.co.jp/ranking/stocks/postranking_daily.html

   数日間は、同社株式に関して混乱が続きそうです。


   今回、問題となった著作権は、パソコン用ソフトウェアの操作時に、
   ヘルプボタンをクリックすると、マウスにヘルプマークが付き、
   そのまま他のツールボタンをクリックすると、そのツールの使い方
   などが表示されるというもの。

   これは、マイクロソフト社のほとんどの製品でも、標準的に使われて
   いる機能です。

   また、この機能は特別に必要な機能ということでもないため、敗訴
   した場合でも、この機能を削除すれば、製造・販売を継続していく
   ことは可能であると考えられます。


   ただ、今回この判決の報道は、社会的に大きなインパクトを与えたこと
   も事実です。

   ジャストシステムは、来週2/10に一太郎の新製品である「一太郎2005」
   の発売を控えているという大事な時期です。

   Wordからの乗換えユーザー向けに安いキャンペーン版を用意するなど、
   一太郎販売のてこ入れを目指しているようです。

   
http://www.iw-jp.com/am.php?id=B0006YYLIC


   この報道が、新製品の発売にどのような影響を与えることになるの
   でしょうか。


≪関連Webサイト≫ ジャストシステム
http://www.justsystem.co.jp/