車が事故を自動通報 トヨタ


車が事故を自動通報

   自動車向け情報通信サービス刷新

      ~日経新聞 2005/04/15 13 面から



トヨタ自動車は14日、自動車向け情報通信サービス「G―BOOK」を
刷新し、対応端末を4月以降の新型車に順次搭載すると発表した。安全
対策に重点を置いたのが特徴で、交通事故が発生すると自動的に警察や
消防に通報し救急車を手配する。IT(情報技術)と安全を融合した
新機能を盛り込み新車販売を拡大させると同時に、他メーカーにも
技術を提供し「車のIT化」でも業界標準をめざす。


●● 自動車向け情報通信サービスが、徐々に浸透してきています。


   現在、日本の自動車メーカーが提供している自動車向け情報通信
   サービスは、下記の3種類です。


    ■ トヨタ G-BOOK (ジーブック)
http://g-book.com/

    ■ ホンダ internavi (インターナビ) http://premium-club.jp/

    ■ 日産  carwings (カーウィングス)
                  
http://www.nissan-carwings.com/


   それぞれの会員数は、下記のようになっており、自動車の販売台数
   との相関性は薄いようです。
   むしろ、利用料との相関の方が顕著です。


    ■ トヨタ G-BOOK
8万人 1,300円/月~

    ■ ホンダ internavi 21万人 無料~

    ■ 日産  carwings 
10万人 472円/月~


   利用者数からみると、トヨタは自動車向け情報通信サービス
   (テレマティクス)分野では、出遅れた形といえます。

   今回、G-BOOKをG-BOOKアルファと改め、サービス内容を刷新。
   安全性を強調するなど、利用者の囲い込みを進める方針のようです。


   現時点での各サービスの特色をまとめると下記のようになります。


    ■ トヨタ G-BOOK

      唯一eコマース機能を有し、有料音楽配信など、総合的な
      情報端末としての機能が豊富。
      新サービスでは、安全性・安心性を強調。


    ■ ホンダ internavi

      VICSを利用した、渋滞予測・駐車場情報など、ナビとしての
      機能に特化。
      気象情報の取得や地図データの更新など、快適なドライブ環境
      の提供に優位性を保持する。


    ■ 日産  carwings

      オペレータと通話して情報を入手するなど、ITや機械操作に
      弱い利用者でも使いやすい環境を提供。
      誰でも簡単に使えるサービスという点に優れる。


   トヨタのG-BOOKは、ダイハツ・三菱自動車・マツダなどにも提供
   されており、販売第数シェアの面から見ると、圧倒的優位にあり
   ます。

   コストパフォーマンスの問題を解決すれば、一気に利用者が増加
   する可能性は高いといえそうです。



別冊宝島「トヨタ式」であなたの仕事は変わる!自分「カイゼン」術
http://www.iw-jp.com/am.php?id=4796643265