ウィンドウズ「欠陥」緊急修正呼び掛け

ウィンドウズ「欠陥」緊急修正呼び掛け

   マイクロソフト ウイルス攻撃の恐れ

      ~日経新聞 2004/02/12 社会 面から

米マイクロソフトは10日、パソコン用基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」
シリーズに欠陥が見つかったと発表した。危険度が4段階で最も高い「緊急」
としており、放置しておくとウイルス攻撃を受けやすい。同社はウェブ
サイトのホームページから修正ソフトを入手するよう呼び掛けている。
今回、欠陥が見つかったのはウィンドウズ「XP」「NT」「2000」
「Server2003」など。修正ソフトを導入せずにネット接続して
いた場合、ハッカーが基本ソフト内にウイルスを送り込むことでファイル
情報を読み取ったり削除したりする恐れがある。いまのところ欠陥による
被害報告はないとしている。

●● マイクロソフトが発表する、Windowsに関する欠陥情報は、ソフトの
   正規ユーザーだけでなく、ハッカーなどの悪意を持った利用者にも
   伝わります。

   昨年、日本にも大きな被害をもたらしたウイルス「ブラスター」が、
   この欠陥情報を利用したパターンでした。

   マイクロソフトが欠陥情報を発表した後、ハッカーがその欠陥を
   悪用したウイルスを作成し、ばら撒いたのです。

   その結果、マイクロソフトの欠陥情報に気がつかず、修正を行わ
   なかったパソコンが次々と感染する事態になりました。
   この事件以後、頻繁にWindowsのアップデートを行うようになった
   方も多いと思います。

   現在、最も普及しているWindowsXPの場合、設定を行っておけば、
   このようなアップデートをWindows自体が自動的に実行します。

   設定方法は、

    1.マイコンピュータを右クリックして、プロパティを開く
    2.そのウィンドウにある「自動更新」のタブをクリックする
    3.「コンピュータを常に最新の状態に保つ」にチェックをいれる
    4.「更新を自動的にダウンロードして、インストールの準備
      ができたら通知する」を選択する

   この設定をしておけば、マイクロソフトからアップデートが発表
   されると、自動的にそのアップデートをダウンロードして、準備
   ができた段階でユーザーに通知します。

   ユーザーは、その通知「更新をインストールする準備ができました」
   を見たら、タスクトレイのWindowsUPDATEアイコンをクリックして、
   インストールを開始すればOKです。

マイクロソフト説明ページ

   あまり報道されていませんが、昨年、マイクロソフトは、Windows
   の旧バージョンである98とMeのサポートを終了する旨を表明して
   います。

   そのため、Windowsの98とMeは、今後、ソフトウェアの欠陥が発見
   されてもセキュリティ修正プログラムの提供は実施されません。
   ただ、「ブラスター」クラスのウイルスが発生した際には、対応
   するとのことです。

   製造物の場合、通常の使用上、問題が発生するような場合には、
   リコールとなり、製造者が回収・修正責任を負います。
   その問題が元でユーザーに被害が発生した場合、製造者の責任が
   問われます。

   ソフトウェアの場合、悪意の利用者による非日常的な使用方法への
   対応となるため、その対策はユーザーの自己責任となってしまうと
   いうことでしょうか。

《関連Webサイト》 Windows Update