米ネット無料広がる・グーグルが流れ主導


米ネット無料広がる・グーグルが流れ主導

   

      ~日経新聞 2006/09/05 9 面から



米国でネット上でのサービス・製品の無料化が、通信や音楽の分野にも
広がってきた。通信最大手のAT&Tが無料の無線インターネット接続を、
レコード大手のユニバーサル・ミュージック・グループは音楽の無料
ネット配信を始める。背景にはネット広告市場の拡大をテコに勢力を
急拡大する米グーグルの成功がある。


ザ・サーチ
グーグルが世界を変えた
http://www.iw-jp.com/am.php?id=4822244873


●● 創立当初、グーグルの目標は、自社のサイトをユーザーが1秒でも
   速く離れるというものでした。

   適切な検索結果を少しでも早く表示し、ユーザーがそれをクリック
   することにより、グーグルのサイトに止まる時間を最短にすること
   が、グーグルが目指していた検索エンジンのあるべき姿です。


   しかし、グーグルは大きく変わりました。
   検索エンジンの技術がコアとなっている点は変りありませんが、
   収入源をほぼ100%広告収入に頼る、世界一の広告代理店に変貌を
   遂げました。

   そして、広告を配信し、広告主の要望に応えるためには、ユーザーの
   滞在時間を伸ばすことが重要になってきます。


   そこで、グーグルは、IPOによって得た巨額の資金を使い、各種
   ITサービス企業の買収を進めていき、ユーザーが要望するサービス
   をWEB上で提供することをはじめました。


   グーグルは、収入源を広告収入に一本化し、自社が提供するWEB
   サービスやソフトウェアのすべてを無料にするという戦略で
   ますますシェアを伸ばしてきています。


   現状、英語版のみですが、グーグルが展開しているWEBサービスの
   一部を紹介いたします。


   表計算ソフト Google
Spreadsheet

    http://spreadsheets.google.com/

   ワープロソフト writely

   
http://www.writely.com/

   予定管理 Google
Calendar

    http://calendar.google.com/

   書籍検索&書籍配信

    http://books.google.com/

   著作権が切れた古典の無料ダウンロードについて
http://googleblog.blogspot.com/2006/08/download-classics.html


   書籍検索機能以外は、すべてマイクロソフトのオフィスと真正面
   から競合するソフトであるといえます。

   書籍検索以外は、残念ながらグーグルのアカウントを取得して
   ログインしないと使えないのですが、機能的には、マイクロソフト
   のオフィスには劣るものの、一般ユーザーには全く問題ないレベル
   のソフトウェアとなっています。

   しかも、WEBサービスのため、ソフトのバージョンアップもすべて
   適時実行され、最新のソフトを常時利用できます。
   もちろん、すべて無料です。

   もしかしたら、将来、無料パソコンや無料OSへと発展していく
   可能性もあり得るでしょう。


   今や、WEBの流れをグーグルが創り出しているといっても過言では
   ない状況になってきています。

   将来的には、マイクロソフトがグーグルに飲み込まれる可能性さえ
   あるといえるのではないでしょうか。



《関連Webサイト》 グーグル
http://www.google.com/