プチ動画と出勤、携帯プレーヤー小さく軽く


プチ動画と出勤、携帯プレーヤー小さく軽く

   

      ~日経新聞 2008/03/07 35 面から



音楽ビデオなど動画の小品を持ち歩き、通勤・通学などのちょっとした
空き時間に携帯音楽プレーヤーで視聴する楽しみ方が広がっている。
小さくて軽い動画対応機種が相次ぎ登場、売れ行きを伸ばしている。
動画共有サイトが人気を集めるなかで、若い男性を中心に動画が身近に
なっており、関連するデジタル商品の売り場に活気をもたらしている。


●● 音声から動画へ。

   携帯プレーヤーの再生媒体が大きく変化してきています。


   携帯動画プレーヤーの普及に火をつけたのは、アップルのiPod
   だといえます。

   頻繁に流れるテレビCMで、ポケットサイズの再生機器でミュージック
   ビデオを視聴できる様子が、消費者の意識を大きく変えたと
   いえます。

   ただ、動画の再生できるiPodナノは市販価格が20,000円程度。

   
http://www.iw-jp.com/am.php?id=B000IIJ2QC

   デザインや楽曲などのダウンロード環境などは秀逸ですが、
   機能面から見て、価格が安いとはいえません。

   特に、iPodシリーズは、ワンセグ対応でない点が大きなデメリット
   といえます。



   日経記事で紹介されているソニーのNW-A910シリーズは、
   iPodナノと同程度の価格帯で、ワンセグ対応。

   
http://www.iw-jp.com/am.php?id=B000WIJLR8

   また、この機器自体でワンセグの録画も可能ですので、リビングに
   座ってゆっくり見るほどの必要がない番組に関しては、この機器で
   録画しておいて、通勤などの移動時間に簡単に確認することが可能
   になります。


   そのほかに、液晶ディスプレイのサイズが、iPodナノの2インチに
   対して、ソニーのNW-A910シリーズが2.4インチなど、多少のスペック
   の差はありますが、最も大きな違いはワンセグ対応の有無だといえ
   ます。

   ほぼ同価格で、この機能差は大きいといえますので、通勤時の
   テレビチェック用途の場合、ソニーの商品が圧勝という結果に
   なりそうです。


   ちなみに、現在一般的なワンセグ対応携帯電話のディスプレイ
   サイズは2.6インチ。

   実は、これらの携帯動画プレーヤーよりも大きなサイズの画面を
   搭載しています。

   ただ、携帯電話の場合、充電池の連続視聴時間が3時間程度。
   電池が切れてしまうと、電話が使うことができなくなってしまうと
   いう大きなデメリットがあります。


   一方、専用プレーヤーの場合、連続視聴時間は6時間程度。
   電池が切れても、動画の視聴ができなくなる程度の問題ですみ
   ます。


   そのため、携帯電話機の充電池が、飛躍的に向上し、終日動画を
   視聴しても問題ないレベルに達した場合、おそらく、携帯動画
   プレーヤーは、その地位を携帯電話に持って行かれることになる
   可能性が高いでしょう。


   年内くらいにアップル製のiPhoneが日本でも発売になるようですが、
   携帯電話は情報再生機器としての機能を強める方向にあります。
   ただ、その鍵を握っているのが、消費電力の問題。

   現在は充電池メーカー各社がしのぎを削っていますが、近々に
   飛躍的な進歩は難しく、また、無理な容量アップは爆発・膨張などの
   危険を伴います。

   いつの時代も、小型化は技術者の大きな目標である夢だといえそうです。


《関連Webサイト》ウォークマン
| ソニー
http://www.walkman.sony.co.jp/index.html