ロボット玩具 機能充実 団塊ジュニア、子供と楽しむ


ロボット玩具 機能充実 団塊ジュニア、子供と楽しむ

   

      ~日経新聞 2007/12/07 35 面から



人型や昆虫型など、多様なロボット玩具が人気を集めている。手ごろな価格
ながら、充実した機能を備えるのが特徴。幼いころにロボットアニメなどに
親しんだ30―40代の男性が子どもと一緒に遊ぶために購入するケースが多い。
またペットの代わりとして買い求める女性も増えている。


●● 昨今、働き盛りを迎えた団塊ジュニア世代が、購買層として注目されて
   います。

   Wii、iPod、DS、ニッサンGT-R、ハイビジョンビデオカメラなど、
   先日、日経MJで発表された2007ヒット商品番付の上位商品についても、
   団塊ジュニア世代が牽引するところが大きいといえます。


   団塊ジュニア世代といえば、子供の頃、ロボットアニメの全盛期を
   迎えた世代です。

   マジンガーZ、機動戦士ガンダム、勇者ライディーン、マクロス、
   エヴァンゲリオンからドラえもん、ヤッターマンなど、当時の
   アニメの主役はその多くがロボットでした。

   大げさに言えばロボットが未来の象徴であるように受け止めた
   最初の世代といえるのではないでしょうか。


   その影響もあってか、ロボット技術に関して、日本は現時点で
   世界一だといえます。

   車などを組み立てる産業ロボットの分野では、長年にわたって
   日本企業が世界トップのシェアを誇っています。


   そのロボット技術が進化し、比較的安価なホビーとして、家庭で
   遊べるようなレベルになったといえます。


   現在、自立歩行する人間型ロボットとして、最も売れているが
   タカラトミーの「Omnibot
17ミュー i-SOBOT」。

    http://www.iw-jp.com/am.php?id=B000PATN1C

   実売価格は28,000円程度。
   世界最小の2足歩行ロボットです。

   すでにYouTubeに大量の動画が投稿されていますが、価格の割に
   極めてよくできています。

   
http://jp.youtube.com/results?search_query=i-SOBOT

   この価格で2足歩行できることだけでも正直感動しますが、
   コントローラーで自由に操作したり、あらかじめ記憶した200種類
   程度のアクションをすることができます。

   倒れた状態から立ち上がることはもちろん、片足でバランスを
   とったり、キックの動作をすることもできます。
   さらに、プログラムすることにより、好きな動作をさせることも可能。
   また、あらかじめ記憶した音声を話したり、音声認識までできます。


   子供に買い与えるにはかなり高額な商品ですが、親が購入して
   子供と一緒に遊ぶには格好のおもちゃといえます。

   先月はほぼ売り切れ状態が続いていましたが、今月に入ってメーカーが
   増産したためか、在庫が豊富にあるようです。

   来年のヒット商品番付には、ロボット玩具が登場しそうですね。


i-SOBOT
http://www.isobotrobot.com/