有機ELテレビ、きょう店頭に


有機ELテレビ、きょう店頭に。

   ソニー、全国700店で

      ~日経新聞 2007/11/22 13 面から



ソニーが世界で初めて商品化した11型の有機EL(エレクトロ・ルミネッ
センス)テレビ「XEL―1」の展示・販売が22二日から全国約700の販売店
で始まる。同テレビは1台20万円で12月1日に発売予定だが、商品がそろい次第
販売を始めるテレビなど音響映像(AV)製品の商慣行に従って、一部の
販売店では一足早くお目見えする。


●● 次世代薄型テレビと称される技術として、現在、有機ELとSEDの2種類
   が存在します。

   その一方である有機ELを使用したテレビが市販されれることになり
   ました。

   
http://www.iw-jp.com/am.php?id=B000YU33V4

   販売価格は20万円。

   ディスプレイサイズが11インチですので、まだ1インチ2万円近い高額
   商品ですが、先行予約分が売り切れるなど、すでに一部マニアの間では
   人気を集めているようです。


   有機ELやSEDテレビは、2年ほど前にすでに技術的には実用的なレベル
   に達しており、商品化を待つ段階になっていました。

   しかし、つなぎの技術と考えられていた液晶テレビが大ブレイクし、
   薄型テレビ=液晶テレビというイメージになるほど普及したため、
   家電メーカー各社は有機ELやSEDテレビの導入を一旦見送っていた
   経緯があります。

   ソニーも有機ELの発売を先送りし、液晶テレビブランドBRAVIA
   に力を入れていたといえます。

   その結果、液晶テレビ出荷台数世界シェアで、シャープを抜いて1位を
   獲得するまでに業績を上げました。


   そして今、BRAVIAのブランド確立に成功したソニーは、将来を
   見据え、有機ELテレビの世界初の商品化を実現したといえます。


   ソニーはXEL―1専用サイトを開設していますが、まず驚くのは
   やはりその薄さです。

   
http://www.sony.jp/products/Consumer/oel/

   ディスプレイの最薄部約3mmという厚みは液晶パネルの比ではあり
   ません。

   ただ、正直なところ、家庭で利用する場合、液晶テレビ程度の厚み
   でも全く問題ないと言えます。
   そのため、薄さだけの差別化では、液晶に並ぶほど売れることは
   難しいでしょう。


   液晶テレビと比較して優れいている点は、高い画質と低い消費電力
   になると思います。

   画質に関しては、コントラストや色再現性・応答性能いずれも
   液晶に比較して圧倒的に優位です。

   一目見て明らかに画質が違うことが誰にでも判るほどの差があり
   ます。

   また、消費電力も、液晶テレビの数分の一に抑えることができます。


   ただ、現状は、高い価格と小さいサイズが大きなネックといえます。

   しかし、液晶のように普及すれば、1-2年のうちに低価格化と大型化
   が実現できる可能性は十分あります。

   ソニー以外にも数社が有機ELテレビへの参入を表明していますので、
   今後が楽しみな商品だといえます。




《関連Webサイト》ソニー製品情報 有機ELテレビ スペシャルコンテンツ

http://www.sony.jp/products/Consumer/oel/special/