ソニー、動画共有サイト参入、携帯電話など融合狙う


ソニー、動画共有サイト参入、携帯電話など融合狙う

   

      ~日経新聞 2007/04/27 11 面から



ソニーは26日、動画共有サイト事業に参入すると発表した。パソコンや
携帯電話、デジタルカメラや携帯音楽プレーヤーなどで撮影・投稿した
動画を家族や友人など限られた人の間で無料で共有・視聴する仕組み。
コンテンツ関連事業を強化したうえで、ハード事業と連携させることで
製品の販売を増やす。
27日に公開範囲をきめ細かく制限できる動画サイト「アイビオ」を公開
する。1件150メガバイトを上限に動画ファイルをパソコンや携帯電話を
介して投稿し、閲覧できる。サイトを利用するには事前にメールアドレス
などを登録する必要がある。


●● 本日公開されたサイトはこちら。

   
http://eyevio.jp/

   ただ、閲覧者が多いようで、動作が非常に重たくなっています。

   また、すでにかなりの動画が投稿されています。


   このサイトはYouTubeなどに代表される、いわゆる動画投稿サイト
   ですが、ソニーらしいテレビ的な使い勝手が導入されています。

   まず、投稿された動画などはチャンネルという概念で分類され
   ます。
   視聴者がそのチャンネルを選ぶと、そのチャンネルに分類された
   動画が順番に視聴できるようなスタイルになっています。

   そのため、気に入ったチャンネルなどを選択した後は、テレビの
   ようにそのまま連続して動画を視聴できるようになっているの
   です。

   例えば、週間ランキングなどのチャンネルを選んだ場合、人気
   ランキング順に順次動画が表示されるといったような形です。


   家電などとの連携が強化されており、パソコンはもちろん、
   携帯電話からの投稿も可能。
   また、投稿されている動画を、ウォークマンやPSP、iPodなどに
   取り込んで視聴することが可能となっています。


   動画だけでなく、デジカメ写真などの静止画からBGM入りの動画を
   生成するツールも提供されています。

   これは、最近ソニーが力を入れている部分で、テレビCMなどで、
   テレビに写真を順次表示し、音楽を流して上映している様子が
   流れていますが、PS3やサイバーショット
T100などで利用できる
   新しい写真の楽しみ方といえます。

    PS3 http://www.iw-jp.com/am.php?id=B000JJBO2K
    T100 http://www.iw-jp.com/am.php?id=B000NTQLP6


   今朝の日経には、SCEの久多良木会長が退任するとの記事があり
   ました。

   ソニーは、ハワード・ストリンガーCEOのもと、様々なサービスを
   提供し、融合させることで、新しいエンターテイメントを演出する
   企業へと大きく舵を切っているようにみえます。

   この「アイビオ」も、iPod対応というところに、これまでのソニー
   にはない変化を感じます。


   「アイビオ」は今後、ハイビジョンテレビでの視聴にも対応する
   予定のようです。

   面白いことになるかもしれません。


《関連Webサイト》Sony
Japan|ソニーグループ ポータルサイト
http://www.sony.co.jp/