コンセント通しスピーカー接続―パイオニア


コンセント通しスピーカー接続―パイオニア

   

      ~日経新聞 2007/03/06 35 面から



電源コンセントを通じて情報をやり取りする電力線通信(PLC)技術を
使い、本体とスピーカーそれぞれをコンセントに接続して音楽が聞ける。
ミニコンポやパソコン、携帯音楽プレーヤーなどに対応。コンセントの
接続コード以外に配線が不要で、省スペース性にも優れる。同じ住居内
なら本体とスピーカーを別の部屋で接続して音楽を聞けるほか、2つの
部屋で違う音楽を鳴らすことも可能だ。


●● 昨年、鳴り物入りで登場した電力線通信(PLC)ですが、残念ながら
   あまり話題になることもなく、関連商品の売れ行きも低調なようです。


   PLCは、どの家庭にでもある100Vの電源コンセントを利用して、情報
   通信を行うしくみです。

   一般的には、LANなどのネットワーク構築に使われるしくみです。

   すでにPLCにてLAN接続するための製品がいくつか発売されています。


    I-O
DATA HD-PLC 高速電力線通信アダプター スターターパック

     http://www.iw-jp.com/am.php?id=B000LB0MZQ


    Panasonic
PLCアダプター スタートパック BL-PA100KT

     http://www.iw-jp.com/am.php?id=B000KJT9YY


   ただ、1セットで20,000円程度と、最近価格がかなり低下してきた
   無線LANセットよりも高めになります。

   また、アマゾンのレビューを見ても、電気関係の環境にかなり影響
   されるようです。

   電化製品の発するノイズによって、通信が安定しないケースがある
   といえます。


   現状まだこなれていない価格と電気配線環境の影響が、このPLCが
   あまり普及していない原因といえるのかもしれません。


   今回、パイオニアが発売したのは、このPLC技術を使ったスピーカー
   接続システムです。

   コンセントを通じて、アンプからの音声をスピーカーへ運びます。


   発売したパイオニアはかなり力を入れているようで、専用サイトも
   すでにオープンしています。

   
http://pioneer.jp/musictap/


   ただ、先述のような環境によるノイズの問題と、わざわざコンセント
   を使って別の部屋にスピーカーを置く必要性を考えますと、いまいち
   一般家庭での利用価値が見いだせません。


   パイオニアは、スピーカーにセンサーを内蔵し、人が通ると音楽を
   流すような機能をつけていますので、7万円弱という価格帯からみて
   カフェなどの商用利用を対象としているのかもしれません。

   カフェやレストランのトイレに設置するにはいいかもしれません。



《関連Webサイト》高速電力線通信推進協議会
http://www.plc-j.org/