マイクロソフト、再生ソフトから定額制音楽配信


マイクロソフト、再生ソフトから定額制音楽配信

   1月にも

      ~日経新聞 2006/09/29 11 面から



マイクロソフト(MS)日本法人は28日、定額聴き放題の音楽配信サービス
を同社製の音楽・映像再生ソフトからインターネット経由で簡単に利用
できるようにするため、音楽配信関連企業と交渉していることを明らかに
した。来年1月にも発売するパソコン向け新基本ソフト(OS)に標準搭載
する再生ソフトは著作権管理技術を備えることから、新OS発売に合わせ
定額サービス利用の実現を目指す。

Apple
iPod nano 4GB シルバー

http://www.iw-jp.com/am.php?id=B000FSEKPS


●● マイクロソフトの事業欲は止まるところをしりません。

   音楽配信事業への進出も進んできました。


   マイクロソフトは、年内に携帯音楽プレーヤーを発売します。

   その名も「Zune(ズーン)」

   
http://www.comingzune.com/

   これと同時に、インターネット音楽配信「ズーン・マーケット
   プレース」も始めます。
   配信曲数は数百万曲。

   明らかにiPodに対抗した事業進出といえます。


   そのうえ、次期OSのWindowsVISTAには、アップルのiTunesに相当する
   楽曲管理ソフトを標準搭載し、ユーザーの囲い込みを進める戦略の
   ようです。

   ブラウザやオフィスソフトであっという間に世界シェアを奪った
   ときと同じ方法です。


   パソコンのOSで圧倒的な世界シェアを持つマイクロソフト。
   同社が進出したソフト関係の事業は、ほぼ間違いなく一定の成功を
   収めることができます。

   これまでのケースでは、ほぼ数年で、トップシェアを奪ってきました。
   特に、今回のようにOSの入替が進む可能性が高い状態では、VISTA
   の仕様や性能の把握という面において、マイクロソフトに圧倒的な
   アドバンテージがあります。

   OSと強固に連携したソフトを開発し、利便性を求めるユーザーの
   ニーズに最も応えられるのは、間違いなくマイクロソフトです。

   新しいOSに、デフォルトで入っているソフトは、もちろんすべて
   マイクロソフトのソフトです。
   他社のソフトは、自力でインストールする必要があります。


   現在、iPod+iTunesで世界シェア1位のアップルも、うかうかは
   していられない状況が迫りつつあります。


   ただ、シェアトップのマイクロソフトもいろいろな面で、強い
   危機感を持っているようです。


   同社の売上高の1/4を占めるオフィスソフトの市場が侵食され
   はじめています。

   オープンソースとして開発され、無料で利用できるオフィスソフト
   の性能が上昇し、多くの部分で、MSオフィスと高い互換性を持つ
   ようになってきています。

    http://ja.openoffice.org/


   また、中国のソフトメーカーであるキングソフトが、インター
   フェイスをほぼ同じにした互換ソフトを中国国内で発売し、
   圧倒的な低価格でシェアを高めています。

   近日中に日本語版が発売されるようです。
   
http://www.kingsoft.jp/office/

   さらに、グーグルがオフィスソフトをWEB上で無料で使えるように
   公開を進めています。

   マイクロソフトにとってドル箱だったオフィスソフトに、大きな
   脅威が迫っているといえます。


   果たして新たに進出する音楽配信事業では、どのような成果を
   上げることができるのか。

   WindowsVISTAの発売とともに、新たな競争が幕を開けます。



《関連Webサイト》 WindowsVISTA

http://www.microsoft.com/japan/windowsvista/default.aspx