SNS「デイズ」、ヤフー本格展開


SNS「デイズ」、ヤフー本格展開

   

      ~日経新聞 2006/08/01 13 面から



ヤフーは31日、ソーシャルネット・ワーキング・サービス(SNS)の
「ヤフー・デイズ(Yahoo! Days)」を本格的に始めたと発表
した。入会には会員による招待が原則必要だが、会費を払っている
「ヤフー・プレミアム会員」とネット接続サービス「ヤフーBB」の会員
は既存会員の招待なしで入会できる。このため約千百万人が一気に入会
資格を得る。携帯電話からの利用も可能にした。



●● 遂にインターネット業界の巨人、ヤフーがSNSに本格参入を発表
   しました。


   サイトはすでに稼働しています。

   
http://days.yahoo.co.jp/

   通常、SNSは、すでに参加しているユーザーからの勧誘がないと
   加入できませんが、ヤフーはプレミアム会員とヤフーBB会員は
   勧誘が無くてもすぐに参加できるような仕組みにしています。

   潜在的に参加できる人数は1,100万人。


   日本最大のSNSであるmixiの利用者数が、現在560万人ですので、
   いきなりシェアトップの利用者を潜在的に抱えていることに
   なります。


   ヤフーのプレミアム会員とは、現状、ヤフーオークションの利用者
   とほぼ同じといえます。

   
http://premium.yahoo.co.jp/

   その数600万人。

   月々税込294円をヤフーに支払っている会員です。


   一方、ヤフーBB会員は、ヤフーADSLなどのインターネット接続
   サービスを利用しているユーザーです。
   その数500万人。


   mixiと大きく異なる点は、ヤフーはこのユーザーに、すでに直接
   課金することができる点です。

   プレミアム会員・BB会員いずれも、クレジットカード決済などにより、
   ヤフーが毎月定額の引き落としができる利用者になります。

   課金できる仕組みがありますので、利用者から直接金銭を受け取る
   ことは全く難しくありません。

   現に、オークションの出品料などは、カード決済で自動的に課金される
   仕組みとなっています。


   この点を考えると、利用者1100万人という数字は、極めて大きな数字
   だといえます。

   ヤフーは、日本国民の10人に1人から直接課金できる体制をすでに
   構築しているのです。

   一人あたり100円の課金でも、10億円という金額になります。


   ヤフー・デイズの仕組み自体は、従来のSNSと何ら変りありません。

   ただ、ユーザーに課金できる仕組みを構築しているヤフーにとって、
   新たな市場となる可能性は十分にあります。



《関連書籍》 もう知らないでは済まされない
SNSパワー活用の素

http://www.iw-jp.com/am.php?id=4861461103