メールマガジン 『トークに使える 日経新聞 今日のネタ』 メルマガ広告掲載情報ページ
ヘッダー・フッター・文末・独占・号外広告 ビジネス向けで安価な価格設定です


効果的なメルマガ広告について
 
メルマガ広告トップ
掲載料金一覧
バナー広告
お申し込み
掲載イメージ
メルマガの概要
発行者情報
特定商法の表記
効果的な広告
お客様の声
 
メルマガ広告の特長
1.低価格
従来の媒体(雑誌・新聞・DM・チラシ等)と比べ、広告掲載費用が格安。
また、広告の制作費用もほとんどかからないため、広告費全体を安く抑えることができます。
2.即効性
広告原稿を作成してから、掲載までの日数が短い(最短3日)。
そのため、商品の売れ時を逃さず、新鮮な広告を配信できます。
3.広告効果の永続性

メルマガに掲載された広告は、それぞれのメルマガ配信サイト(まぐまぐ等)でバックナンバーとしてほぼ永久的に保存されます。
そして、その広告は、検索エンジンなどで検索され、クリックされます。
実際に、数ヶ月前の広告から売上を記録することがあります。
また、自社サイトへのリンクの増加は、検索ランキングの上昇効果ももたらします。

4.ダイレクトな反応
気になった広告があった場合、読者様はその場でクリックされ、貴社サイトを訪れます。
こうしたダイレクトな反応は、他のメディアが追随できるものではありません。
5.ターゲットがすでに絞られている

新聞や折込チラシなどと異なり、読者様の興味がかなり絞られています。
(弊誌の場合、ビジネス情報に関心が高く、情報収集に意欲的な方々)
そのため、広告対象となる方に絞った広告を掲載することができます。

6.アクションを起こすときの障壁が低い
従来の媒体(新聞・DM・チラシ等)の場合、電話をする・店に行く・はがきを送るなど、実際にアクションを起こすときの心理的な障壁が高いといえます。
一方、メルマガ広告のURLをクリックするというアクションは、心理的な障壁が低く、他のメディアに比べて、アクションを起こす確立が高くなります。
インターネットの常時接続化・ブロードバンド化が進むにつれて、その傾向は強くなっています。
効果の高い広告掲載方法
1.ホームページの準備
最も重要であるともいえるのが、読者様が広告をクリックして、貴社のホームページに行ってからの動きです。
物販が目的であれば、最初に開いたページで商品の 特徴やセールスポイントがすぐわかり、そのまますぐに購入できるページをおつくりください。
また、せっかくホームページまで来ていただいた優良な見込み客である方々にその後も連絡ができるように、メールアドレスを登録してもらうような手段を講じておくことをお薦めいたします。
(例:メールアドレス登録でプレゼント・メルマガに登録してもらう等)
2.広告原稿を推敲する
広告に対するクリック率は、広告原稿によって、大幅に変わります。
広告の効果が低かった場合には、広告原稿を見直すことをお薦めします。
メルマガ広告は、広告原稿文の変更やトライ&エラーが容易な点も、他のメディアより優れた点だといえます。
最も読者様の反応がいいのは、やはり懸賞やプレゼント企画、役立つ資料の無料提供などです。
読者様へ問題を提起する広告や質問を投げかけるような広告もクリック率が高くなるようです。
3.連続して3回程度掲載する
読者様は、メルマガ広告を見て、1回目に認識・記憶し、2回目〜3回目に行動(URLをクリック)するという傾向が強いようです。
そのため、3回程度の連続掲載をお薦めします。
連続掲載する方法は、1週おきがよいようです。
タイムリーな広告で、短期間に結果が必要な場合には、3日連続掲載も効果があります。
ちなみに、広告を掲載する曜日によって反応が違うということはありません。
4.広告原稿を刷新する
同じ広告文面を繰り返し掲載していると、クリック率などの反響が低下していきます。
これは、読者が広告に見慣れてしまい、無意識のうちに読み飛ばしてしまうことが原因と考えられます。
そのため、同一の原稿を掲載していて、反響が低下してきた場合、広告原稿の内容と印象を大幅に刷新することをご提案します。
広告のイメージを大幅に変更すると、読者様の反響が蘇ります。
5.文末広告を活用する
広告文が5行程度のヘッダー広告では、充分に商品やサービスの魅力を訴えることができないという場合には、文末広告の利用をお薦めします。
弊誌の場合、文末広告であれば、20行程度の広告を掲載できます。
文末広告は、本文に続いて掲載されるため、そのまま読み続ける読者様も多く、高い効果を挙げています。

Copyright © 2001-2005. ADVANTAGE, Inc. All Rights Reserved.